Tagebuch von Zukki

雑記系ブログです。本・ドイツ関連・大学生活・お酒・ゲーム・音楽関係・社会など、幅広いジャンルを扱います。

広大屈指の楽単「自動車産業と日本経済」という科目

スポンサードリンク


 

本題の前に「ターム制」の話

悪名高い「ターム制」というものを広島大学では導入しています。

「本来は1週間で1コマである1科目を、1週間で2コマやれ。そうすれば半期で授業が完結し、4学期制に移行できる。留学もしやすくなるから世界で通用しやすくなるぞ。」

…などと謳っていますが、実際のところは「やってますよ」とポーズを取り、国からカネをもらうのが魂胆でしょう。というか補助金出るんですか??

既に東大で「失敗だった」と結論が出ているらしいんですがねぇ…。

 

さておき、週2コマというのは大抵連続で開講されるので、風邪にかかって休んだら一発で2コマ休んだことになります。ちなみに私の通う大学では、欠席回数が授業数の3分の1をこえると「欠席」の評価となり、単位はありません。

連続で開講されなくても、他の曜日にも授業の続きをやるので予習や復習に手が回りません。

「今日はカフカの『変身』についてやりましたね。次回はフーケ―による『水の精』を扱います。ちゃんと感想が言える程度には読んできてくださいね。それではまた明日。」なんてことも現実に起こっています。

 

 

本題に入ります

本題からずれてしまいました。

広島大学には楽単だと噂の「自動車産業と日本経済」という科目があります。乗り物好きの私にとっては自動車の歴史と経済に関する授業を受けて、中間・期末レポートを書くだけなんてこの世の楽園かと思いましたね。評価は当然「秀(Rank-S)」でした。

現在この授業を取っている方もいらっしゃると思います。この時期は中間レポートが課されてますよね。2,000字とかでしたっけ?期間も短いので大変ですよね。そこでこの記事では攻略法を記していきたいと思います。

 

攻略法

「なんとかならんか…」と思ってこの記事に行きついた方もいるでしょう。安心してください。やることはけっこう楽です。

次の2点だけを理解して書けばOKです。

 

字数

まず、字数に縛られる必要はありません。

200~300字ぐらいの不足は大丈夫だそうです。もちろん長くなってもOKですが、「さすがに10万字とかは読まないけどね」と担当の教授が仰っていました。

というか普通に書けば指定字数は超過します。

 

内容

たぶんテーマは「何年から何年までの国内自動車産業の変遷を記せ」とかそんな感じで出されていると思います。

そこで必要なのが教科書。お持ち…ですよね?

お持ちでない人はこの攻略法はどうにもなりません。一例として私の作成したレポートを示したいですが、丸パクされてもろとも処分の対象になるのは御免なので、今すぐここから購入してください。

ちょっとばかし痛い出費ですが、たぶん教科書センターにはもう置いてないので単位のためならこちらから今すぐに。

要はこの教科書の要約をすればいいんです。

というかそもそも授業内容が教科書の補完をするような感じだったと思うので、それが正解だと思います。筋の通った反論を書くのも良いとは思いますが、それで締切を過ぎては元も子もありません。単位を得るだけでいいなら教科書のまとめをやりましょう。

 

その他

最終手段です。

授業の感想やコメントで埋めましょう。担当教授もそういったことを含めてよいと仰っていました(ほかの年度のことはわかりませんが)。

私は(ちゃんと字数を埋めたうえで)スバルが好きなこと、健康に気を付けてほしいということの2点を記しました。

 

この授業に関しては何か書けばどうにかなります。

でもみんな、授業は真面目に受けような。教科書も買おうな。

 

※この情報をまるっと信用したことによって発生した不利益に関して責任は負いかねますのでご注意ください。

スポンサードリンク