Tagebuch von Zukki

雑記系ブログです。本・ドイツ関連・大学生活・お酒・ゲーム・音楽関係・社会など、幅広いジャンルを扱います。

【ドイツ式】紅茶やコーヒーを彩る「キャンディス」はいかがですか?

スポンサードリンク


 

最近寒くなってきて勉強やお仕事の合間に飲む紅茶やコーヒーが美味しい時期になってきました。

しかし砂糖とミルクを入れて淡々と飲むだけ…それってなんだかつまらない気がしませんか?

 

そんなときに丁度いいのが氷砂糖の「キャンディス」です。ドイツ・ハンブルクの特産品なのですが、残念ながらあまり知名度は高くありません。

五感を刺激する「キャンディス」でほっと一息、どうですか?

 

 

 

「キャンディス」とは

ドイツにおいて "Kandiszucker" (カンディース・ツッカー)略して "Kandis" は「氷砂糖」を意味します。

今回取り上げるのは、ドイツのハンブルクに本拠地のある「Michelsen(ミヒェルゼン)」というメーカーが製造している、氷砂糖をラム酒やシロップで漬けて瓶詰めしたものです。

 

製造元について

Michelsenは1814年に食料品店として創業して以来、何代も続いている歴史ある会社です。かつては王室御用達になったほどの実績もあります。(要所を適当に訳しました)

Über uns

 

日本におけるブーム

2,3年前にTwitterでバズって以降、この時期になると「カルディ」に代表される、輸入品を扱うお店に「キャンディス」は並ぶようになりました。しかし人気は衰えないままで、入荷してすぐに通販でも売り切れてしまう状態にあります。

一応Amazonでも入手可能ではありますが、輸入品店の価格と比べると少々割高です。

 

 

ミヒェルゼン ラムキャンディス ブラウン 250g (MICHELSEN RUM KANDIS)
ミヒェルゼン(輸入者:有限会社ペスカ)
売り上げランキング: 7,100

 

 

梅酒を漬けるのが好きな方や、以前にこの製品を試したことがあってコスパ良く使いたいという方、「キャンディス」を作っちゃいましょう。以前に私も実際に作って使用していましたので、レシピをちょっと紹介してみます。

 

準備するもの

  • 氷砂糖
  • ラム酒
  • 適当な瓶

 

以上です。私がものを作るときに分量をきっちり量るなんてことはほぼありません。

そんなことを言っておきながら、私はベースのラム酒に香り高さ重視キャプテンモルガンを選びましたが、コスパ最優先の方はマイヤーズでもいいと思います。

(「ラム酒も氷砂糖も入手が面倒だ」って方向けにAmazonのリンクを貼っておきます)

 

 

レシピ

  1. 瓶を煮沸消毒する
  2. 氷砂糖を瓶の9分目まで入れる
  3. 氷砂糖が浸るぐらいまでラムを注ぎ込む
  4. ふたを閉めて冷蔵庫に入れておく

 

こんな流れです。

冷蔵庫に入れて1週間ほどすると飽和状態になるので、瓶を揺すってやると液がトロトロになったのがわかるようになります。

1ヶ月ぐらい寝かせたらラムのアルコール臭も丸くなってくるので、それぐらいになったら使い始めてもいいのではないかと思います。

 

使い方と提案

紅茶やコーヒーにはもちろん、ホットミルクに入れるのも人気のようです。

 

しかし私としては液が半透明で氷砂糖の粒が見える紅茶に合わせるのが一番おすすめしたいところ。

というのもコーヒーでは十分に香りを感じることができませんし、ホットミルクでは氷砂糖がキラキラと輝いたりサラサラと溶けていく様子を見られないからです。

 

コーヒー派の方には申し訳ないのですが、五感で味わうことをすすめたいからこその提案です。いかがでしょうか。

 

 まとめ

  • 買うにも作るにも一苦労
  • Amazonでは1,800円ぐらい
  • でも美味しさを五感で感じられて気分転換には最高

 

こんな感じでしょうか。

11月5日現在、カルディのウェブサイトでは売り切れの状態となっているので、代わりに下のAmazonへのリンクから入手が可能です。お近くの輸入品取扱店で探してみるのもひとつの手ですが、必ず置いているという保証はいたしかねますのでご了承ください。

 

ミヒェルゼン ラムキャンディス ブラウン 250g (MICHELSEN RUM KANDIS)
ミヒェルゼン(輸入者:有限会社ペスカ)
売り上げランキング: 7,100
スポンサードリンク