Tagebuch von Zukki

雑記系ブログです。本・ドイツ関連・大学生活・お酒・ゲーム・音楽関係・社会など、幅広いジャンルを扱います。

【所感】Xperia XZ2 Premiumに機種変更してみた

スポンサードリンク


表題のとおり、Xperia XZ2 Premium(SOV38)に乗り換えてみましたので、これまで使用していたXperia Z5(SOV32)と比較して思うところなどをこの記事では述べていきたいと思います。

 

 

 

サイズ・質量

  高さ 厚さ 質量 画面サイズ
Z5 146mm 72mm 7.3mm 154g 5.2inch
XZ2 Premium 158mm 80mm 11.9mm 236g 5.8inch

すべての項目においてXZ2 PremiumがZ5を上回っています。

実際に手に持ってみた感じでも、二回りぐらい大きくなったことは明らかに見て取れました。片手でスイスイーと操作することはもはや困難です。質量も+80gということで非常に重くなった感じがします。手首が疲れてたまらん。

 

f:id:frkafka:20181124201719j:plain

新旧比較してみた。明らかに左の方がデカい。

 

動作などスペック面

Z5に比べて非常に軽快です…とはいっても新品のスマホなどどれも軽快なのが普通ですが。まあ、デレステのMVですべて最高の設定にしてもヌルヌル動作するぐらいの軽快さです。

画面が広くなった分、ホーム画面1ページあたりのアイコンの配置可能数が増加したので、Z5同様のレイアウトを組もうと思うと設定を変更せねばならず、少々難儀します。

 

指紋認証についてはこの端末でもやはり使う機会はなさそうです。ちなみにZ5は精度が低かったこと、XZ2 Premiumは認証装置の位置が背面になって使いにくいことがその理由です。

 

内蔵メモリ(ROM)は32GBから64GBに倍増しました。RAM3GBから驚異の6GBに増強。だいぶ余裕ができたので非常に心強いです。 特にRAMは常時70%以上だったのが50%未満まで抑えられたので、動作にも余裕が出て嬉しい限り。

 

周辺機器

イヤホンジャックが廃止されていますが、付属のUSB Type-Cと3.5mmのイヤホンジャックとの変換ケーブルによって従来通り有線のイヤホンの使用は可能です。なおUSB Type-Cの差込口を使用するので同時に充電はできない模様。

充電も有線イヤホンの使用も同時にやろうと思うとこういうのが必要になります。

 

 

 

ケースについては、どうせ大柄なんだし耐衝撃型のゴツいやつにしようと思いチョイスしたのがこちら。「米軍」の二文字が入っているだけでめちゃ強そうな雰囲気がムンムンします。

 

まとめ

Xperia XZ2 premiumは思ったよりデカい。

スペック面は現時点ではなんとも言えませんが、優秀な感じは伝わってきます。

イヤホン周りに気を取られて忘れがちですが、従来型のUSB Type-Bのケーブルは非対応ですのでご注意ください。

 

そんなところですかね。

とにかく質量がかなりあるので、この機種に乗り換える場合は注意が必要ですと再三申しておきます。以上です。

 

スポンサードリンク