Tagebuch von Zukki

雑記系ブログです。本・ドイツ関連・大学生活・お酒・ゲーム・音楽関係・社会など、幅広いジャンルを扱います。

大学入学=ゴールになってはいないか?

スポンサードリンク


教育関係には昔から興味を示していたのですが、実際に経験してみないとわからないこともあります。その一例が大学生活です。

この記事では大学生活とか、大学のあるべき姿とか、そういったことについて思うところを適当に記していきます。

 

 

 

堕ちていく人たち

高校までは真面目にやっていたであろう人たちが次から次へとクズになっていく様子を山ほど見てきました。その人たちはおよそ大学に入ってからの「主体的な学び」を誤解し、授業をサボりまくった結果単位を落とし続けるのでしょう。

おそらく彼らが欲しているのは専門的な知識だとかそんなものではなく、「大学を卒業した」という実績ではないでしょうか。

 

企業側が「大学卒業以上」という要件を設けなくなったり、専門学校がより高度化することで待遇面での地位が上がれば…大学への進学率はどうなるんでしょうかね。

 

企業側の考え

「優秀な大学を出ているのに使えない人ばかりだ」といわれて久しいですが、大学というのは働くのに必要な知識を付ける場所ではなく、各々専門的な勉強をするところですから当然といえば当然です。

企業としては「教育せずとも有能な戦力が欲しい」という考えでしょうが、それはドケチというものです。そりゃ優秀な人材は海外に流出します。

そんなに即戦力のソルジャーが欲しいのなら高校卒業の段階で採用して自社教育機関に2年ぐらい入れて育てたらいいものを…そんな気がしませんか?

 

私の思うところ

結局のところ、世の90%以上の大学生は「回りが大学に進学しているから自分も」といった理由で大学に通っているのでしょう。

で、リベラルアーツ系の学部・学科では実学的なことはあまりやりません。やるにしても「文科省が押し付けてくるから…」みたいな感じです。

現代の大学は教育機関であり研究機関でもあるのでそのスタイルはアリだと思いますが、勤め人になりたいなら学生のうちから自力で勉強しないとそりゃ卒業後すぐソルジャーになんかなれません。

 

また、「大学での研究内容は必ずしもカネに繋がるとは限らない」という姿勢は崩さないことが極めて重要だと私は思っています。

今後日本人のノーベル賞受賞者は生まれにくくなっていくだろうといわれていますが、束縛(この場合はカネに)された研究からいったいどんな新規性のあることが生まれるというのでしょう。

大学というのは自由なところですから、企業の利益追求という姿勢とは本来相容れないのです。

 

企業と大学との落としどころ

学生と企業との間にミスマッチが起こらず、両者ともwin-winになるような学校制度。

ドイツでいうレアルシューレや、日本でいう工業高校や商業高校の高等教育版がないものか。そう思って調べていたら案外すぐに見つかりました。

 

専門職大学・専門職短期大学・専門職学科:文部科学省

平成31年度から「専門職大学」という高等教育機関が新たに設置されるようです。

専門学校との違いは学士号が得られる点。学士卒扱いだと就職してからの給与額が専門学校卒より幾分か高くなりますし、学士(専門職)をもった人には新人研修の手間がいくらか省けるわけですから、別の給与体系を提示することも可能ではないでしょうか。

 

現在はまだまだ設置数が少ないのでしばらくは敬遠されがちになりそうな「専門職大学」ですが、今後はこれをどんどん増やすことで実学は専門職大学、その他幅広い学問は一般の大学といったように住み分けがなされていくといいなぁと思っています。

 

スポンサードリンク