Tagebuch von Zukki

雑記系ブログです。本・ドイツ関連・大学生活・お酒・ゲーム・音楽関係・社会など、幅広いジャンルを扱います。

冬至に食べるといいのはかぼちゃだけじゃない!冬至の七種って知ってますか?

スポンサードリンク


すっかり陽が傾くのも早くなり、16:30ごろには薄暗くなっている今日この頃ですが、それぐらいの時刻になってからようやく地元の小学生たちの声が聞こえてきます。

私が小学生の頃は何時頃に下校していたっけ…?と思い出そうとするのですが、はっきりとした時刻はなかなか思い出せないというのが正直なところです。

 

さて、本日2018年12月22日は一年で最も日が短い日「冬至」です。

冬至といえばかぼちゃにゆず湯…といったイメージが強いですが、食べるといいものはかぼちゃだけではありません。いったい何を食べるといいのでしょうか。

 

運が2倍になる「冬至の七種」

冬至に「ん」の付く食べ物を食べると運がよろしいというのはよく知られています。

しかし「ん」が2回付く「冬至の七種(ななくさ)」と呼ばれる食材群があるのはご存知でしょうか。

 

それがこちら。

  1. 南瓜(な
  2. 人参(に
  3. 蓮根(れ
  4. 銀杏(ぎ
  5. 金柑(き
  6. 寒天(か
  7. 饂飩(う()ど

最後のうどんについては無理やりな感じもしますが、これらを食べて無病息災を祈るのだとか。ちなみにこの7点は京都検定の2級に出るそうで。

また、「七草」ではありません。名古屋に千種(ちくさ)という駅がありますが、それと同じで「七種(ななくさ)」です。

出典:冬至の七種 京都通百科事典

 

こんな記事もあって笑ってしまいました

 

どんな料理を作ればいい?

ほとんどが料理初心者には辛い食材ですが、最後のうどんは扱いやすいですので鍋の延長で煮込みうどんを作るといいでしょう。粉末の寒天も入れちゃいましょう。

銀杏はカップ茶碗蒸しを買ってくるとして、金柑は…難しいですね。そういえば先日ジンベースの金柑入りカクテルをいただいたのですが、サッパリしていて美味しかったです。どうでもいいことですが。

 

料理が思いつかずお手上げになったのでググってみたのですが、どれも料理初心者には厳しそうな様相を呈しています…。

 

ともあれ、7種のうちどれかだけでも食べられれば多少の効果はあるでしょう。

煮込みうどんを食べて体温を上げるなり、私のようにバーに行って金柑のカクテルを飲んでみるなり、いろんなことにトライしてみてはいかがでしょうか。

ゆず湯もお忘れなく!

 

スポンサードリンク