Tagebuch von Zukki

雑記系ブログです。本・ドイツ関連・大学生活・お酒・ゲーム・音楽関係・社会など、幅広いジャンルを扱います。

【便利アイテム】ページオープナーを買ってみた

スポンサードリンク


ピアノの練習をしていると楽譜が閉じてしまったり、料理をしているとレシピ本が閉じてしまったり…それが原因でイライラした経験はありませんか?

私もレポートやブログを書きながら参考文献を見るときに面倒くさいなぁ…と思った経験があります。

 

そんなある日、楽器店の中をぷらぷら歩いておりますとイイモノを見つけました。それがこちら。

 

この櫛のようなもの、ページオープナーというそうです。安価で丈夫そうなので購入してみました。

使い方としては、中心に本の背を突っ込み、両端の部分を開きたいページに押さえつけるというものです。使用例としてはこんな感じ。


f:id:frkafka:20181226005723j:image

 

文庫本は上手く入ったので使用できましたが、残念ながらハードカバーの本は厳しそうです。また、構造上どうしても本に少し傷がついてしまうのも難点です。

とはいえ便利なのは事実。普段はしおりとして使えますし、中学生・高校生のときに学校で教科書を開いておくのに要らない労力を使った記憶があるので、その年代の子たちへのちょっとしたプレゼントにもいいんじゃないかと思います。

 

ちなみにページオープナーのほかにもブックスタンドというものもあるようで、これはさらに使い勝手がよさそうですが、対応している厚さをみるとこれもハードカバー本は厳しそうだというのが率直な感想です。

 

ただ、ページオープナーと違って本を立てることができるというのは魅力的です。

両方買っても2000円弱ですので、シチュエーションによって使い分ければ普段の暮らしがちょっと便利になっていいかもしれませんね。

 

以上、私のおすすめでした。

スポンサードリンク