Tagebuch von Zukki

雑記系ブログです。本・ドイツ関連・大学生活・お酒・ゲーム・音楽関係・社会など、幅広いジャンルを扱います。

部屋の片付けがてら不要な服を2nd STREETに持ち込んでみた

スポンサードリンク


先日広島に戻ってきましたすずきひろしです。

歯医者さんに行ったりバイトの面接に行ったりと忙しい日々を送っていますが、それに並行して荷解きも少しずつ進めています。ところが…。

 

事件発生

服の収納スペース無さすぎワロタ

そう、私の下宿には収納スペースがあまりありません。

しかし落ち着いてクローゼットの中を見てみますと、実家から持ち出して以来着た覚えのない服やコーディネートしにくそうな服がたくさんあります。そうした服を置いていても仕方ありませんので、売るか捨てるかの二択です。

 

二束三文でも売れた方がいいよな

そう思った私は適当に売り払う服の選別を始めたのでした。

 

下準備

今回買い取ってもらうのはこちらの8点。

選定基準は「だいたい春物」です。ほぼ新品も混じっています。


f:id:frkafka:20190330233410j:image

 

一応洗濯と軽くアイロンがけをしておきます。

下準備が終わったら紙袋に入れてレッツゴー!

 

驚きの見積もり額

はい、やってきました2nd STREET。


f:id:frkafka:20190330233424j:image

 

早速見積もりをしてもらいます。少々混んでいたので1時間ほど待機。

 

―1時間経過―

 

見積もりが終了しましたよーと電話があったので再訪。

(200円ぐらいにはなるかな…)

お見積り額ですが…8点で71円です

ファーーーーwwwwww

71円。原付のガソリン2日分である。

内訳はこちら。7点は10円、1点は実質ゴミとして1円での買取らしい。


f:id:frkafka:20190330233519j:image

 

最後に

やはり不要になった服をリサイクルショップで売るというのは得策じゃないようです。

今後は状態のいいものはメルカリなどオンラインで売却、オンラインで売れなさそうなものや状態の悪いものはリサイクルショップに持ち込むようにしようと思います。

スポンサードリンク