Tagebuch von Zukki

雑記系ブログです。本・ドイツ関連・大学生活・お酒・ゲーム・音楽関係・社会など、幅広いジャンルを扱います。

先月読んだ本をまとめてレビューしてみる(2019年3月)

スポンサードリンク


新年度になり、授業が始まったので大学構内には人が溢れていてなんだか変な気分です。

さて、先月読んだ本はわりと当たりが多かったように思うのでちょっと紹介してみようと思います。

 

 

黒田龍之助『ロシア語だけの青春 ミールに通った日々』

ロシア語をはじめ、諸スラブ語の研究をしておられる黒田龍之助氏の著作。

「ミール」と呼ばれるロシア語教室に通いつめ、生徒時代から講師になって以降のエピソードが一人称視点で語られています。

私はドイツ語なので言語こそ違いますが同じ外国語学習者としては非常に興味深く、「アクセントをより強調した話し方」というのは今後ドイツ語をやっていくうえで特に気をつけたいところです。

 

個人的評価:★★★

 

ロシア語だけの青春: ミールに通った日々
黒田 龍之助
現代書館
売り上げランキング: 41,645

藤野恵美『初恋料理教室』

最近は京都を舞台とした小説をいろいろと読んでいるのですが、タイトルに興味を惹かれたのでちょっと手に取ってみました。

様々な背景を抱えた男たちが苦悩する様子がそれぞれの視点で描かれており、人間ドラマが好きな人にはぜひ薦めたい一冊です。

単行本版には有川浩氏の『植物図鑑』よろしく、作中で登場した「おばんざい」のレシピが記されていますので、そちらをメインにしてもいいかもしれません。

 

個人的評価:★★★

 

初恋料理教室
初恋料理教室
posted with amazlet at 19.04.10
藤野恵美
ポプラ社
売り上げランキング: 626,336

清水義則『スシとニンジャ』

一昔前に外国人に日本のイメージについて聞いてみると「スシ・フジヤマ・ニンジャ」というのが定番だったかと思いますが、まさにそんな感じのアメリカ人が憧れだけで訪日。そんな主人公の日本での日々を描いたコメディ小説です。

ちなみに作者の清水氏はアメリカはおろか、一度も海外に行ったことがないとあとがきにありました。まさかのオチ。

 

個人的評価:★★★

 

スシとニンジャ (講談社文庫)
清水 義範
講談社
売り上げランキング: 1,021,837

原田宏美『DTMで学ぶオーケストレーション入門』

作編曲をするうえで必要となる知識はいろいろとありますが、その中でも特に楽器の特性を知ることは必要不可欠です。

この本にはそうした楽器を演奏するうえで、各楽器の得意な動きや音域ごとの音の響きやイメージ、楽器同士の相性などといった内容が詰まっており、作編曲をする人はぜひとも手元に置いておきたい一冊です。

 

個人的評価:★★★

 

DTMで学ぶオーケストレーション入門
原田 宏美
音楽之友社
売り上げランキング: 131,847

寺山修司『青少年のための自殺学入門』

寺山修司氏の著作はだいたいタイトルと内容が一致しないのですが、これもまたやられた感がありました。しかしこれはいい意味で裏切られた一冊で、読んでいて非常に面白かったです。

ノイローゼで首を吊った、というのは病死だし、生活苦と貧乏に追い詰められてガス管をくわえて死んだのは<政治的他殺>である。

p.69 「自殺のライセンス」より引用

氏の定義する「自殺」とはあくまで自らの意志という要因のみによって成り立つので、そういう意味ではどうやら日本では「他殺」が蔓延しているようですね。

死生観なんかに興味のある方には薦めたい作品です。

 

個人的評価:★★★

 

青少年のための自殺学入門 (河出文庫)
寺山修司
河出書房新社
売り上げランキング: 359,249

侘美秀俊『マンガでわかる!音楽理論』

音楽理論を学ぶ上では「楽典」というものを読むのが基本的なアプローチとなるのですが、難しくて理解できないケースがよくあります。そんな方に薦めたいのがこの本です。

難易度の高いことまでは踏み込んでいませんが、これを読めば音階や音程、倍音といった内容はおおむね理解できるようになるかと思います。わからなければYouTubeに転がってる解説動画なんかを観ればよいかと。

対位法や和声法など、小難しいこともこんな感じで簡単に理解できればなぁ…などと思っています。易しい本があれば誰か教えてください。

 

個人的評価:★★

 

マンガでわかる! 音楽理論

リットーミュージック
売り上げランキング: 40,691
スポンサードリンク