Tagebuch von Zukki

雑記系ブログです。本・ドイツ関連・大学生活・お酒・ゲーム・音楽関係・社会など、幅広いジャンルを扱います。

【乗車記】ひかりレールスター442号 三原→姫路

スポンサードリンク


こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

ここ最近はあっちこっち行っているので乗車記の下書きがモリモリ溜まっております。

 

さて、GWも折り返しの5月2日の朝、私は帰省のため山陽路を東進中。

新幹線はさほど混んでいないだろうと信じていましたが、やはり不安なもの。出発前日の段階で既にこだま730号の指定席は満席となっていました。

 

 

突然の旅程変更

西条7:43発の列車で糸崎へ。

出発した当初は福山からこだま730号に乗るか、岡山からひかり466号に乗るかで迷っていましたが、入野を過ぎたあたりで時刻表を見ているとあることに気づき、ポツリ…。

三原でひかり442号に乗り換えられるんじゃねぇか…?

慌てて乗換案内で自由席料金を調べてみますと、なんと福山→姫路でも三原→姫路でも料金は同じ2470円。こりゃ乗るしかないなと思い、乗車していた糸崎行きを三原で下車しました。

 

発車直前に飛び乗って…

駅窓口で自由席特急券の乗車変更をしてもらい、発車ベルの鳴り渡るホームへ。とりあえず目の前の4号車デッキに飛び込みました。

ちらと見た感じではサルーンシートは立ち席こそないものの、なかなかの混雑。4列シートにこだわっていてはおそらく相席になるだろうと考えたので、列車の後方へと移動しました。

 

2号車まで来るとかなり空いていました。三原発車後の車内の様子がこちら。

f:id:frkafka:20190513181005j:image

3Eに着席。後ろに人がいないので心おきなくリクライニングができます。

 

三原→姫路

三原を出発するとスピード控えめでの走行が続きます。

そのまま新尾道を通過すると今度はフル加速が始まり、しばらくトップスピードで走ると福山に到着。

 

福山では10分間の停車。ここで後続ののぞみ6号と122号(臨時の延長運転)に抜かれます。

ホーム上に売店が~との案内。そうか、レールスターに車内販売はなかったか。以前はあったようですが、現存する3つの「ひかりレールスター」において車内販売を実施する列車は0。すっかりコストカットの煽りを受けてしまっています。

 

新倉敷は通過して次の停車駅は岡山。

意外と乗車する旅客が多いな、という印象を受けます。姫路停車便は4分前にのぞみ122号が出ているのですが、やはりこちらの方が自由席の数が多いからでしょうか。D席・E席は相席こそないものの、だいたい埋まってしまいました。

 

その後20分ほど走ると姫路に到着。降車客が多く見受けられます。

ここから播但線に乗り換えるのか、はたまた私と同じように大阪方面への新快速に乗り換えるのか。ここで旅行終了という方もいらっしゃるでしょう。

 

後続のさくら540号の通過を待って発車するのを見送りました。次の停車駅は西明石です。
f:id:frkafka:20190513181015j:image

 

最後に

急な予定変更となりましたが、結果的に到着時刻が1時間以上繰り上がりました。空いている列車に乗って早く移動ができるというのは素晴らしいことですね。

また、多少の混雑が予想されるときこそ(帰省ラッシュ直撃なんかは当然ダメですが)、ひかりやこだまの自由席を狙うといいという経験も得られました。皆様も時間が許せば試してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク